ペットフードの影響

猫に与えるペットフードによって、よい影響も悪い影響も出てしまうと言えるでしょう。基本的にペットフードは、毎日必ず猫に与えます。1回ぐらいであれば全く影響が出ない場合でも、毎日与え続けていることで、健康状態を悪化させてしまうことになるのです。このような事態を避けるためには、正しいペットフード選びが重要になるでしょう。では、どのようなペットフードを猫に与えればよいのでしょうか。

注意するべき点は、授乳期と成長期、成熟期と高齢期などに分けてキャットフードを選ぶことです。小さなときから年を取ってきたときまで同じ種類のキャットフードを与え続けるのはよくありません。成長段階によって変えていかないと、太り過ぎや栄養の過剰摂取になります。当然最も多くの栄養を必要とするのが成長期なのですが、成長期と同じ種類で同じ量を高齢になってから与えれば、当然肥満になります。

このような事態にならないように、適切な栄養配分のキャットフードを成長段階に合わせて与えましょう。もちろん栄養素の確認や添加物の確認なども行う必要があります。最近はドッグフードなどを猫に与える人もいるようですが、キャットフードは猫向けに、ドッグフードは犬向けに作られているので、猫専用の餌を与えましょう。

外部サイト:モグニャン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のキャットフード―MogNyan

行動を観察する

猫の健康を守るためには、普段から猫の行動をしっかりと観察しておくことが重要です。そうすることで普段とはこのような点が違うと獣医師にも説明できるようになるでしょう。特に普段よりも多く強く体を掻くことが多い、排泄物の状態がおかしい、食事や水を飲む量が多い、もしくは少ないなどは十分注意して見ておく必要があります。他にも歩き方がおかしい場合や、嘔吐した場合にはすぐ動物病院へ連れていきましょう。

キャットフードは毎日与えることになるので、観察しやすいと言えるのですが、最も注意深く見ておく必要があるのです。人間も体調が悪ければ食べる量が極端に減りますし、ストレスが溜まればやけ食いをしてしまうこともあるでしょう。猫でも同じようなことが発生することもあるので、注意しておかなければいけません。特にキャットフードの種類を変えた場合には、食いが悪くなるケースや、食いがよくなるケースがあります。

このようなときはキャットフードが原因である可能性が高いのですが、できる限り食べなれたキャットフードを与えるのがよいでしょう。猫は環境の変化にも敏感ですが、餌にも敏感な生き物です。その他にも注意するべきことはいろいろとあるので、猫を飼う前にきちんと勉強をしておきましょう。

猫の健康を守る

自分で飼っている猫の健康を守るためには、やはり飼い主が猫についてしっかりと勉強しておかないといけません。どのような点に注意するべきなのかというと、やはり普段から与えているキャットフードはとても重要になります。キャットフードの選び方で間違っていたら、他の点でしっかりと注意していても、健康に育つ可能性はかなり低くなってしまうでしょう。それほど食事というのは重要だと言っても過言ではありません。

また、太り過ぎもいけませんので、ときどき体重を量ってあげましょう。猫の適正体重というのは、種類によっても多少変わってくるのですが、インターネットで簡単に調べることができます。明らかに太り過ぎている、明らかに痩せすぎている場合には、与えているキャットフードの種類や、給仕の頻度に問題がある可能性が高いでしょう。痩せさせてしまうということはあまりありませんが、太らせてしまうことは結構多くなっているので、普段から注意しておきましょう。

特に栄養バランスが悪い、炭水化物が多い食事をしていると、太りやすくなります。他にも体温や脈拍なども体重ほど頻繁に行わなくてもよいのですが、ときどき測ってあげると安心です。体温は大体38度から39度ぐらいが猫にとっては平熱となっています。脈拍は1分間に120回から140回となっていて、人間よりも若干多くなっているのが特徴です。当サイトでは猫の健康を守るための方法を、多くの人に知ってもらいたいと考えて、情報を提供させていただいています。