猫の健康を守る

自分で飼っている猫の健康を守るためには、やはり飼い主が猫についてしっかりと勉強しておかないといけません。どのような点に注意するべきなのかというと、やはり普段から与えているキャットフードはとても重要になります。キャットフードの選び方で間違っていたら、他の点でしっかりと注意していても、健康に育つ可能性はかなり低くなってしまうでしょう。それほど食事というのは重要だと言っても過言ではありません。

また、太り過ぎもいけませんので、ときどき体重を量ってあげましょう。猫の適正体重というのは、種類によっても多少変わってくるのですが、インターネットで簡単に調べることができます。明らかに太り過ぎている、明らかに痩せすぎている場合には、与えているキャットフードの種類や、給仕の頻度に問題がある可能性が高いでしょう。痩せさせてしまうということはあまりありませんが、太らせてしまうことは結構多くなっているので、普段から注意しておきましょう。

特に栄養バランスが悪い、炭水化物が多い食事をしていると、太りやすくなります。他にも体温や脈拍なども体重ほど頻繁に行わなくてもよいのですが、ときどき測ってあげると安心です。体温は大体38度から39度ぐらいが猫にとっては平熱となっています。脈拍は1分間に120回から140回となっていて、人間よりも若干多くなっているのが特徴です。当サイトでは猫の健康を守るための方法を、多くの人に知ってもらいたいと考えて、情報を提供させていただいています。