行動を観察する

猫の健康を守るためには、普段から猫の行動をしっかりと観察しておくことが重要です。そうすることで普段とはこのような点が違うと獣医師にも説明できるようになるでしょう。特に普段よりも多く強く体を掻くことが多い、排泄物の状態がおかしい、食事や水を飲む量が多い、もしくは少ないなどは十分注意して見ておく必要があります。他にも歩き方がおかしい場合や、嘔吐した場合にはすぐ動物病院へ連れていきましょう。

キャットフードは毎日与えることになるので、観察しやすいと言えるのですが、最も注意深く見ておく必要があるのです。人間も体調が悪ければ食べる量が極端に減りますし、ストレスが溜まればやけ食いをしてしまうこともあるでしょう。猫でも同じようなことが発生することもあるので、注意しておかなければいけません。特にキャットフードの種類を変えた場合には、食いが悪くなるケースや、食いがよくなるケースがあります。

このようなときはキャットフードが原因である可能性が高いのですが、できる限り食べなれたキャットフードを与えるのがよいでしょう。猫は環境の変化にも敏感ですが、餌にも敏感な生き物です。その他にも注意するべきことはいろいろとあるので、猫を飼う前にきちんと勉強をしておきましょう。