ペットフードの影響

猫に与えるペットフードによって、よい影響も悪い影響も出てしまうと言えるでしょう。基本的にペットフードは、毎日必ず猫に与えます。1回ぐらいであれば全く影響が出ない場合でも、毎日与え続けていることで、健康状態を悪化させてしまうことになるのです。このような事態を避けるためには、正しいペットフード選びが重要になるでしょう。では、どのようなペットフードを猫に与えればよいのでしょうか。

注意するべき点は、授乳期と成長期、成熟期と高齢期などに分けてキャットフードを選ぶことです。小さなときから年を取ってきたときまで同じ種類のキャットフードを与え続けるのはよくありません。成長段階によって変えていかないと、太り過ぎや栄養の過剰摂取になります。当然最も多くの栄養を必要とするのが成長期なのですが、成長期と同じ種類で同じ量を高齢になってから与えれば、当然肥満になります。

このような事態にならないように、適切な栄養配分のキャットフードを成長段階に合わせて与えましょう。もちろん栄養素の確認や添加物の確認なども行う必要があります。最近はドッグフードなどを猫に与える人もいるようですが、キャットフードは猫向けに、ドッグフードは犬向けに作られているので、猫専用の餌を与えましょう。

外部サイト:モグニャン|手作りレシピを厳選食材で実現!穀物不使用のキャットフード―MogNyan